TOP

風俗で経験したつまみのような小話を紹介します

高級デリヘルの客層って実際どうなんでしょうか

風俗業界で働きたくないと思っている女性の理由の一つとして、風俗を利用しようとする男性客層の悪さを懸念されて働くことを敬遠されがちです。ですが高級デリヘルの場合ですとその懸念されている事が解消されて働きやすい環境が揃っている店舗もあります。一般的なデリヘル店と比較すると価格が違うことからなかなか手が出しにくい風俗業種でありますので、一般階層のお客さんからの利用は極稀です。唯一一般階層のお客さんが高級デリヘルを利用しに来るタイミングと言えば、夏と冬のボーナス時期でしょうか。一般的なデリヘルでを1回利用しようとするとおよそ¥20,000前後掛かります。内訳としてはサービス料、指名料、交通費、ホテル代の4つの支払いが主になります。サービス料が¥12,000で指名料と交通費が¥2,000ずつ、ホテル代は¥4,000とすると丁度¥20,000くらいです。しかし、お店によってはサービス料が異なってきますので、¥12,000の場合での価格はこうなります。次に高級デリヘルの場合ですが、サービス料が¥35,000で指名料と交通費が¥2,000ずつでホテル代が¥30,000とします。なぜホテル代がこんなにも高いのかというと、雰囲気を重視する高級デリヘル店の中にはラブホテルの利用をお断りしているお店もあるのです。したがって、シティホテルを利用するか自宅に派遣するしかないのです。シティホテルの場合ですとラブホテルのように休憩という概念がないので1泊する必要があります。ですのでホテル代は¥30,000前後するという計算となります。高級デリヘルを利用する時の高級感を演出するためにシティホテルや自宅派遣に限定するとはなかなかな高級デリヘルと見受けられます。こういったお店は多くはないですが、少なくはないのでご利用前には注意が必要です。高級デリヘルを利用する際に必要な金額はざっと、¥69,000で¥70,000は用意しておかなければいけないということがわかります。高級デリヘルを利用するためにこれだけの大金を用意できるのは間違いなく富裕層だけです。一般階層の方が普段時に1回の利用で¥70,000も使用するデリヘルを誰が利用しますでしょうか。仮に利用する方がいたとしても極少数だと思われます。こう考えると常識人が多いと言われている富裕層の男性客がメインでりようする高級デリヘルの方が客層はいい気がします。一般的なデリヘル店よりも、接客人数は少ないですが高級デリヘルでは厳選された方しか利用できませんので、安心して働くことが出来るのではないでしょうか。


高級デリヘル

天然ローションで素股

年齢幅は、人妻からOL系、女子大生、ギャルといった幅広い年齢を揃えているものの、すべての女の子が業界未経験の素人系デリヘル嬢というデリヘルに行って来ました。60分で1万3000円というコスト。若い年代の女の子がいるデリヘルとしては、ちょっと安いかなと思ったんですが、やはり主力は人妻嬢でした。どうせなら若い子がいいなということでハルカちゃんという二十歳の女の子を指名。プロフィール写真は、デジカメでスタッフが面接室で普通に撮影しましたという感じの写真だったので、パネマジはありませんでした。スリーサイズも多少の詐称はあるんでしょうが、自分がイメージ出来る範囲内のものだったと思います。到着コールから10分ほどで嬢が到着。キスもそこそこに全身リップに移行したのですが、これが堪らないくらいに気持ち良かったです。焦らし加減もよく、ようやくキター!って感じのフェラチオで思わず発射してしまいました。敏感な嬢で責めるとアソコはびっしょり。天然ローションでの素股は最高でした。


ぽっちゃり 風俗

出稼ぎで高知のデリヘル店に訪れたときの話

私は今年で24歳になるフリーターの女性です。住まいは東北の方になり、今回生まれて初めて高知に行くことになったのですが、まさか初めて高知に行くのがデリヘル店に出稼ぎに行くことになるとは思いました。東北から四国の高知に移動するだけでも非常に大変で飛行機で行っても3時間近くかかってしまうので本当に旅行にいくような感覚です。私の経験上で最西端地は大阪なのでそれよりも更に西のエリアは未開の地で非常にわくわくしました。実際は働きに高知まで出て来たのですが、移動時間は少しでも行ったことのないエリアを見たくて飛行機の小さな窓から小さく見える日本を見ていました。3時間もの時間を費やして高知につき、私がこれから出稼ぎデリヘル店のスタッフさんが迎えに来ていてくれて、「これから出稼ぎでデリヘルで働くんだなー」と実感が湧いてきました。私は今まで風俗業界には全く関わってきていなかったので今回が初めて風俗店で働くことになるのですが、不思議と緊張せずに高知まで着てしまって自分でもびっくりしていました。よくよく考えると出稼ぎで高知に来る前にそのデリヘル店の店長さんにしつこいくらい電話で質問して、待遇から日常生活までどうしているのか聴き込んだことが功を奏したのかと思いました。私は特に人見知りをするタイプではなく、失礼に値はしなかったと思いますが物怖じせずにデリヘル店の店長さんにずかずかと質問をしていたので、どこか知り合いに会うような感覚だったのかもしれません。私が高知のデリヘル店に出稼ぎをしようと思ったきっかけは風俗店なのに確かな安心感を感じたことがきっかけと言えます。そもそも何故風俗で働こうと思ったのかというと、私は地元のカフェでバイトをしていました。週5で働いており、給料もそれなりにもらっていたのですが、ある日突然コーヒーについて勉強したいと思い、外国に留学をしようと思ったのですが、カフェでずっと働いていても何年かかかりそうだったので一気に稼げる風俗店をしかたなく選んだのです。風俗に関しては特に嫌悪感や抵抗感を持っていないのですんなり受け入れることが出来ますが、彼氏や旦那さんがいればそれは不可能だったと今思います。留学費を貯めるためにデリヘル店で働くのですが、これから高知でデリヘル嬢として働く事に私はついて行けるのか心配です。


高知 デリヘル 出稼ぎ